片思い 脈あり 勘違い

片思いの時にしてしまいがちな勘違いの脈ありサインとは?

スポンサーリンク

片思いの時というのは、どうしても相手が自分に好意を持ってくれているのではないかと思いたくなってしまいがちですよね。
実際には、相手が自分のことをどのように思ってくれているのかはわからないのに、根拠もないのに、自分のことを好きでいてほしいという願望から勘違いをしてしまうことも少なくありません。それが、世間一般的には脈ありサインだといわれるような行動であれば、なおさら勘違いしてしまいがちです。

 

しかし、一人で勝手に舞い上がってしまっていると、その先に落とし穴が待っていることも少なくありません。
自分に気があるのではないかと思っていたのに、実際には全く興味を持たれていなかったり、ひどい時にはむしろ嫌われていたという残酷な現実がある場合もあります。
この勘違いしてしまいがちな脈ありサインにはどのようなものがあるのでしょうか?
自分を守るためにも、正確にサインを読み取っていきたいですよね。

スポンサーリンク

勘違いしてしまいがちな脈ありサインとしては、まずはスキンシップが挙げられます。

 

女性の中には簡単にスキンシップをとれる人もいます。
女性にはないたくましい筋肉が珍しくて、スキンシップをしてくる女性も中にはいます。
それ自体が悪いわけではないのですが、これで勘違いしてしまいがちなのが男性ですよね。

 

また、スキンシップのほかにも、陥りやすいのが女性の笑顔です。
笑顔の女性は魅力的ですよね。
好きな人であればなおさらです。
その笑顔が自分に向けられていると、もしかして好意を持ってもらえているのではないかと思うことがあります。
これも意外と注意が必要です。
その笑顔が自分にだけ向けられたものではないということも判断できるような冷静さを持つことが非常に重要ですね。

スポンサーリンク