告白 断り方 脈あり

まだ脈ありな告白の断り方

スポンサーリンク

告白して断られたら、そこで終わりでしょうか?大好きな人であれば1度告白してふられたくらいでは諦められないと言う男性も多いでしょう。
また女性心理としても、告白を1度は断ってしまったが心に少しひっかかりを感じている、という人も意外と多いのです。
そんな可能性や脈ありなふられ方を今回はご紹介していきたいと思います。
1「ごめんなさい」この断り方は理由がハッキリしていない時に多く使われます。
理由がはっきりしていないからこそ付き合えないという正論もよくわかりますが、理由がないから付き合ってもいいか、という考え方もありますよね。
つまりそこが脈ありポイントな訳なのです。
「嫌っているわけではないんだよね?」と確認をした上で「それなら、僕のことをもっとよく知ってよ」と友達レベルからの付き合いを始めてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

2「今はちょっと」「今は忙しいから」「今は誰とも付き合う気になれない」などという、「今」を強調した言い方をするところがポイントです。
駄目なのは「今」であって、その先には可能性があるということになります。
ここで引き下がってしまっては勿体無いですよ。
「そっか。
わかった。
長い目で見るから僕のことも少し意識してくれると嬉しいな」と少し強めのアピールをして良いでしょう。
女性からの「駄目」は「保留」ということで受け止めて、このまま継続してアピールしていきましょう。
3「好きな人がいる」もし女性に「付き合っている人がいるから、ごめんなさい」と言われてしまっては全く脈なしですが「好きな人がいる」であれば、女性の好きな人ひとはまだ恋人同士にはなっていないということです。
なのでこれから先女性がその好きな男性とうまくいくかどうかわからないので、諦めずにその男性をライバルとしてどんどん攻めて行って大丈夫でしょう。
もしかしたら女性もあなたのその態度にドキドキして好きになってしまうかもしれませんよ。
1度ふられても諦めずに頑張ってくださいね。

スポンサーリンク