2時間 電話 脈あり

2時間の長電話の脈あり確率について

スポンサーリンク

好きな女性がいても、その女性が自分に対して脈ありなのかなしなのか分からない時、思い切って告白する前にそこの部分くらいは把握しておきたいですよね。
脈ありかなしか知りたい場合は、「電話」の時間に注目してみてください。
女性は話しをしていて楽しい人か気のある男性としか長電話しようとは思いません。
女性の方から「電話してもいい?」と誘ってきたり、こちらからの電話でも自然と長電話になっているようであれば脈ありといえますよ。
少なからず、話をしていて楽しいと思ってくれていることは確実です。
2時間、3時間くらいになってくると、かなり可能性大と言えるでしょう。
次に、電話をしている時の言葉や内容から判断しましょう。
電話は直接顔が見えないため表情がわかりません。
声で判断することになりますね。
脈ありの場合はどんな話にも明るく答えてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

会話を楽しみたい女性は男性と会話をするのが楽しく思うでしょう。
しかし脈なしの場合は早く切りたそうな反応をするでしょう。
夜の電話であれば「もう眠いから、またね」などと言われる可能性があります。
(電話を始めてあまり時間が経ってない内から)男性の方から「もう電話止めたほうがいいかな?」と聞いてみるのもいいでしょう。
脈ありの場合は「まだ大丈夫」と、電話を継続していてもOKという返事をもらえると思います。
「まだ、話してたいよ」と言われたらかなり脈ありと考えていいのではないでしょうか。
電話をする時、女性のほうから積極的に電話をかけてくるようであれば、脈ありの可能性が非常に高いでしょう。
また、電話が切れずに長電話になっているということはそれだけ女性があなたと話しをしていたいということになるでしょう。
女性に対して少し踏み込んだ話題などをふっても嫌がられない可能性が高いので、これをチャンスに色々な話をふっているといいかもしれませんね。
1週間に何回も長電話が続くようであれば既に女性は男性のことを好きなっている可能性があります。

スポンサーリンク