脈あり 連絡 頻度

脈ありなときの連絡の頻度とは?

スポンサーリンク

仲が良くなってくると、連絡を取り合う頻度も高くなってくると思います。
しかし、いったいどれくらいの頻度で連絡を取り合っていると脈ありだと言えるのでしょうか?
結論から言うと、連絡の頻度だけでは脈ありであるかどうかを判断することはなかなか難しいです。
単純に友達として仲がいいと相手から想われているような場合でも頻繁に連絡が来ることもありますし、恋愛対象として見られているからこそ頻繁に連絡が来るという場合もあります。
逆に、連絡がなかなか来ないからと言って、必ずしも脈なしというわけでもありません。
相手が恥ずかしがりやだったり、男性と話をするのが苦手だからなかなか連絡はくれないけれど、本当は好きでいてくれているということもあるのです。

スポンサーリンク

ですので、明らかに脈なしである場合を除けば、まだまだチャンスはあるということも言えます。
本当に事務的な内容でしか連絡を取ることがなく、頻度も用事があるときだけというような時には脈なしである可能性が高くなってくるでしょう。
しかし、他愛もないような内容のやり取りを毎日のように続けられているのであれば、それは脈ありである可能性が高くなってきます。
それが単純に友達として好意を持ってくれているというだけであったとしても、それが将来的には恋愛に発展するという可能性も十分に考えられるので、これからもそのような連絡の頻度をキープできるようにしておくとよいでしょう。
ただし、時には恋愛をにおわせるような内容のやり取りもしておいた方が、関係が進展しやすくなります。
恋愛話が全くないような状態で連絡だけ取り会っていると、なかなか前に進まずに単なるお友達として終わってしまう可能性も考えられますので、タイミングを見計らって、恋愛の話も展開させていきたいですね。

スポンサーリンク