脈ありサイン 女 高校生

高校生の女の子が出す脈ありサインとは?

スポンサーリンク

高校生になると、中学生の時とは違い、だんだんと男子と女子がけっこう自然に話をすることができるようになりますよね。
中学校の時は、ちょっと女子と話をしていただけでも冷やかされてしまったり、付き合っていると誤解されてしまったりと、周囲の目を気にすることがかなり多かったはずです。

 

しかし、高校生にもなると、部活や学校行事などを通して、自然と仲良くすることもできるようになってきます。
周囲との付き合い方が上手になってくる分、中学校の時よりも感情をストレートに表現することも難しくなってくることもあり、明らかな脈ありサインというのがわかりにくくなってきたりします。
高校生の女の子はどんな時に、どのように脈ありサインを出しているのでしょうか?

 

一番脈ありサインが出やすいのは相手の目です。
ですので、気になる女の子と話をするときには、相手の目に着目するようにしましょう。
好きな人と話をするとき、人間は、目が大きく開いて、黒目も大きくなります。

スポンサーリンク

これは男女共通の脈ありサインで、相手に対して興味を持っているという気持ちの表れです。

 

例えば、おもちゃに興奮している猫をイメージしてみてください。
テンションが上がっている猫は目がまんまるに大きくなっていますよね。
こんなふうに、人間もテンションが高まると、目が見開いてくるのです。

 

それまで普通にしていたのに、あなたと会って話をしているときには、目がくりくりと大きくなっているときには、脈ありである可能性が高いです。

 

このほかにも、女の子は好きな人と話をするときに、無意識で髪の毛を触っていることが多いです。
もしもあなたと話をしているときや会っているときに、髪の毛を触るようなしぐさをしているのであれば、これも脈ありであることが考えられます。

 

目と髪、これをヒントにして脈ありサインを探ってみてくださいね。

スポンサーリンク