脈あり 振られ方

まだまだ脈ありな振られ方とは?

スポンサーリンク

勇気を出して気になる女性に告白をしたのに、残念ながら振られてしまうということはよくあることですよね。
男は振られて強く大きくなっていくともいわれています。
辛い思いを重ねながらも、それを乗り越えることで人間として強くなっていけるのかもしれません。

 

しかし、そうはいっても、やはり振られることはつらいですよね。
好きであればあるほど、その辛さは大きなものになります。

 

ですが、振られてしまったからと言って、まだ完全に諦める必要はないこともあります。
振られてもなお希望を持てるような状況もあるのです。
ここでは、まだまだ脈ありな振られ方についてご紹介したいと思います。

 

例えば、彼女自身、実は気持ちが揺れ動いていたり、現在の彼氏とうまくいっておらず、そんななか現れたあなたに対して気持ちが傾いているということもあります。

スポンサーリンク

この気持ちに一瞬では整理を浸けられなかったために、その場ではあなたの告白を断ってしまう。
そんなこともあるのです。

 

このようなときに出てくる言動としては、あいまいな断り方が考えられます。
具体的には、「今はちょっと付き合えない」などといった表現が挙げられます。
絶対に付き合えないのではなく、「今は」つきあえないというところにあいまいさがあります。
これこそが、まだ期待が持てる表現なのです。

 

また、「今はだれとも付き合うつもりがない」という断り方も、まだ脈ありである可能性を残しています。
ここでも「今は」というフレーズが出てきましたが、同様に、彼女の気持ちはこれから変わっていくことも十分に考えられます。

 

このような、まだ未来に希望を持てるような振られ方をした場合には、完全に諦める必要はありません。
一度身を引きつつも、次のチャンスを狙って、自分を磨いていくのもいいですね。

スポンサーリンク